スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
<< マジかよ! | main | 実家に帰ってくると何故か水分摂取量が減る >>

徹夜明け後半

 今日、実家に帰るはずが予定変更で明日の早朝に。こんなことなら徹也は今日にしておくんだったわ!!キーッ!!

そんなわけで明朝までの時間配分に頭を悩ませているmichikaです。おはようございます。すうじかんぶりです。これ書き終わったらハンズに行かなきゃ。いや、原型作製か??ムムム…


そんな悩み事を後回しにしたい願望丸見えのフィレンツェ編後半です!それでわ〜!





ピッティさんちのお庭の天辺から見たフィレンツェの街。壁も屋根も赤です。あかいDNAです。



お庭を下山してきたところに待ち構えていらっしゃった亀に乗ったおっさん。
なにやら名物らしく、わざわざこの丸出しのおっさんをガイドブックでピックアップしておった。
そしてお土産品にもなっておった。



ピッティからすぐにヴェッキオ橋。橋の真ん中にヴェッキオさんの彫像。ご利益期待して一緒に記念写真。



やべぇ!写真横向きだ!この大人気のイノシシはその名もイノシシ像というフィレンツェの名物で
こいつに触るとまたフィレンツェに戻ってこれるというどこかで聞いた様な伝説を背負ったイノシシなのだそうです。ベットリ触ってまいりました。



そしてドゥオモ。大好きすぎて前を通りかかるたびに写真とってた。あぁ・・・また会いたいよドゥオモ。



わかる?ねぇこれわかる?ただの壁の隙間にこんなに素晴らしい彫像が!
360度どこからみてもこんなんなんだよ!!

ちなみに彫像がすっぽり収まっているこの壁を抉ったような隙間のことを「ニッチ」と呼びます。
ニッチとは隙間という意味で、教会の壁や柱の間に彫像や宝箱を置く為だけに作られた隙間のことなんです。
彫像や宝箱がすっぽりぴったり納まる様から今では「適所・限定的で最適」などの肯定的な意味で使われます。限定的かつ確実に需要のあるマーケットのことをニッチマーケットって呼んだりもするんですよ。

生ニッチ拝みましたー!!



ねぇ。これだけドゥオモの写真ばっかり載せればもう分かってもらえるかなぁ。
私がどれだけドゥオモが好きか。



おっと!また写真をまわし忘れてるぜ!



最後の日曜日は終日フリーだったんですけどなんとその日曜が年に一回のフィレンツェマラソン!!
周りの応援の熱いこと熱い事…
言葉が分からないので拍手のみの応援でしたが。

結論から言いましょう。この旅行中一番楽しかった出来事でした!(笑)
突っ立って拍手してるだけの私に吐きそうな顔でしかし笑顔で手を振ったりウィンクをくれたりするイタリア男(女性も素晴らしく綺麗です)のなんとサービス精神旺盛なことか!!
市民ランナーのおじいちゃんとか、足引きずってるのに私に気が付いた途端笑顔でまた警戒に走り始めるっていう・・・。

このマラソン中で一年分くらいのウィンクとハイタッチを頂きました。



そしてまたまたやってきたドゥオモ!今度は一緒に記念写真だよ!二人が出合った記念よ!
最早ドゥオモは私にとっては建物ではなくいっそのこと人です。



ドゥオモから歩き歩きマラソンを追いかけてやってきたサンタトリニタ橋。
遠くに尖ってる塔が見えますか??アレが……



これです。サンタクローチェ教会です。マラソンのスタート&ゴール地点。
ここで表彰式とかもやってたんですよ。
ドゥオモほどではないですがサンタクローチェも大好きな教会です。
ゆっくり中に入る時間がなかったのが悔やまれます。
次に取っておこう。



サンタクローチェの全体像にして裏側。
ミケランジェロ広場から撮影しました。





このミケランジェロ広場はフィレンツェを一望できる山の上にあって、ここにもダビデ君の影武者が立っています。
こっちのダビデ君は小鳥達に大人気。何処に行っても人気者のダビデ君に見送られて、今回の旅は此処で終わりました。


卒業生の私を連れて行ってくれた先生と沢山の手助け(主にお財布の世話)をしてくれた家族と一週間ホテルでも外でも楽しく一緒に過ごしてくれたルームメイトとおんぼろの癖にイタリアまで着いて来て一週間私のドゥオモ撮影会に付き合ってくれた古ーいデジカメには山ほどの感謝をしております。
次は仕事で来れるようにまた日本で精進します。
愛してるよフィレンツェ!ていうかドゥオモ!また会いに行くからね!













はい。そんなわけで早速ですが仕事の話。2013年一発目のmichikayamadaの展示会です。

2013/1-18〜1/25
Gallery Petitluxeにて。陶芸の作家さんと二人展をさせていただくこととなりました。

つまり今日の徹也はその準備に追われてのことです。

詳しくはまた新しく記事に書くのでそちらをご覧下さい。

でわでわ!










あー。ねむ。
| - | 09:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

| - | 09:42 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
url: http://michika1039.jugem.jp/trackback/59

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--