スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
<< 瞑想は命に関わる。 | main | 徹夜明け後半 >>

マジかよ!

 1時間半もかけて心を込めて書いたフィレンツェ編がページエラーで!!orz

同じように書く気力は全く残っておりませんので駆け足ブログで、イタリア旅行後編をお届けいたします。





まずフィレンツェで最初に見た美術館!ヴェッキオ!兎に角建物がでかい!
下のほうに噴水があるでしょ??これだって見上げるほどの大きさなのよ。



噂のダビデ君。まぁ、レプリカですが。
ヴェッキオに訪れた観光客を迫力満点で出迎えてくれる受付的存在。向かい隣にはヘラクレスさんが居ます。
しかし知名度は圧倒的にダビデ君のほうが上なのでいつもダビデ君ばかり人に囲まれております。
なのでヴェッキオで待ち合わせをする際にはヘラクレスさんの前が空いていてお勧めです。



ヴェッキオの前にはこんな風に彫像がいっぱい並んでおります。
躍動感溢れております。溢れすぎです。お前ら舞台役者か何かか!?
と、そう問いかけたくなるほど分かりやすい略奪のシーンです。



此方も同じく。こんなアングルで撮っちゃったらまるでこっちが殴られてるみたいだよ。
こんな感じの暴力的なシーンのほうが動きが激しくて、彫像的にも躍動感が増していくみたいです。
まぁ、平和な彫像って大体天使や聖人が静かに微笑んでるだけですからね。



強そうなこちらの方と記念撮影。



ヴェッキオの中から撮影。手前に見えているのがヴェッキオ橋です。
橋の上が待ちになっております。
ジュエリーのお店がズラー!!です。

そもそもフィレンツェってのは日本で言う京都みたいな町で、石畳や建物も何もかもが昔のままです。京都に古いお寺や神社がいっぱいあるのと同じです。
で、伝統工芸もフィレンツェに集まります。職人の町なんですよ!



ヴェッキオのテラスで記念写真。ヴェッキオのなかは美術館なので写真禁止なのです。
すっげぇんだけど…本当にすっげぇんだけど…



次にとおり縋ったのがドゥオモ!フィレンツェ滞在の中で私が一番好きになった建物です!
なにがって!もう自分で行って見てきてよ!
壁一面に私の手のひらくらいの彫刻がびっしり!



ちょっと離れて撮影。手前の小さい建物はサンジョヴァンニ教会。
あの有名な天国の扉(門?)がある教会です。



あれ?写真が横に…
横になってても伝わるこの素晴らしさ!こんな繊細な彫像が壁一列にズラリですよ!






そんなドゥオモを通り過ぎてやってきたピッティ宮殿!
写真は外壁。写真では分かりにくいですが、よく見てください!
そうです!ライオンです!折角の記念撮影ですのでライオンの鼻の穴に指を突っ込みました!



だってこんな 「あ、くしゃみでる!…ふぇ…ふぇ…」 みたいな顔してるから!



ご覧下さい!このでかさ!
写ってるのは一緒に行った学校の先輩達と先生。





ピッティに入ってすぐのところでネガティブは噴水を発見!
噴水の中にはお金が落ちていたので私もわけも分からず日本円で10円を投入。

私 「じゃぁ、私は一人で溺れてるあっちの子に10円あげよ!」
友達「え!?あれ溺れてるの!?クロールの途中かと思った!」

あー。



ピッティ宮殿の中庭。
これが個人宅の庭か…
中も素晴らしいので是非フィレンツェにお越しの際にはお立ち寄り下さい。

ちなみにピッティ家ってのはあの噂のメディチ家のライバルとして火花バチバチさせてた一族なんですって。



これが!個人宅の!中庭!!
馬とか歩いてるんですよ!!庭を!!
私なんか6畳のアパートで暮らしてるのに!

きっと庭師の道具小屋の方が私の家より広いんだろうな…
物置でいいから一部屋くれ。





と。かけあしでお送りいたしております。フィレンツェ編前半でした。一旦きりまーす。
| - | 02:11 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

| - | 02:11 | - | - | - | - |
Comment
駆け足かな、オレ爆笑したよ(笑)
そしてめっさ綺麗ー&#8252;
2012/12/30 10:45 AM, from ヒキマ
ひきまさん


あら、有り難う。ローマ編とフィレンツェ後半も見てね♪
2012/12/30 2:55 PM, from michika









Trackback
url: http://michika1039.jugem.jp/trackback/58

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--